独立なんてどうでしょう IT系フリーランスについて教えたいこと

自分次第のフリーランス

IT系でフリーランスとして独立するには何よりも知識が必要になるでしょう。会社員時代と比べて自分で行う作業が多岐に及ぶため、日頃から勉強してレベルを上げていかないと、せっかく仕事の依頼をされても断らなくてはいけません。自分のできる仕事の幅が広がれば、それだけ受注できる量も増やすことができて収入も大幅に上げることができます。

それに、ある程度の実績を積んで信頼されるようになれば、自分で営業する必要がなくなり口コミで評判が上がる可能性もあるでしょう。仕事の依頼をされることが増えるため、フリーランスの場合は特に自分の力を試すことができて、やりがいを感じることが多く、うまくいけば今後仕事に困ることもなくなります。

しかし、ITの知識とは別に、お金の管理や仕事の調整、打ち合わなど、自分一人で行わなければいけない作業が多くなるので、時間をうまく有効活用していかないと期限内に仕事を終わらすことができず、信頼を失う可能性もあります。自分ができる仕事の量や、時間配分をきっちりと計算して行う管理能力が必要です。

しかし、会社員の時のように土日が休みということがなく、フリーランスは自分の好きな時間に仕事をすることができるので、うまくこなすことができれば休みを増やすことも可能です。それも自分の腕にかかっているため、その点についてもやりがいを感じることができます。やりかた次第で可能性を広げられるフリーランスの仕事に挑戦する意義は大きいと言えるでしょう。