独立なんてどうでしょう IT系フリーランスについて教えたいこと

キャリアアップで収入を安定させる

エンジニアの将来性を考えれば若いうちからキャリアアップに向けた活動を行っておく方が良いでしょう。IT系の企業の中には年齢が若いほど新しい技術を身に付けやすいという考えを持ち、ベテランのエンジニアを敬遠するケースもあります。自分がベテランと呼ばれるクラスになるまでにキャリアアップを行うことで、この問題は解消できる可能性が高いです。

キャリアアップの方法として効果的なのが資格の取得でしょう。資格は自分の技術力や実力の証明として扱うことができます。自分の能力を企業にアピールするためには積極的に国家資格の取得を目指すのがオススメです。難易度が高く、実用性のある資格を取得しておけば取引先との交渉材料としても利用できるでしょう。

フリーランスへと転職するというのも良いキャリアアップの方法です。企業に勤めている間は役職を与えられても得られる収入は限られています。しかし、フリーランスの場合は自分の仕事に対する成果によって収入が変動するため、上手くいけば大幅に収入がアップする可能性もあるでしょう。フリーランスは自由度が高いのが特徴です。IT業界以外でのビジネスを行いたくなった場合にも身軽に動けるため、企業に勤めている間に人脈を広げておくのが効果的と言えます。

注意点としては収入が減少する可能性もあることです。事前準備をせずに転職してしまうと取引先が少なく、収入が安定しない場合も考えられます。そのような事態を招かないためには企業に勤めている頃から取引してもらえる相手を確保しておくことが重要です。