独立なんてどうでしょう IT系フリーランスについて教えたいこと

クライアントや仕事との付き合い方

プログラマーやエンジニアなどIT系のスキルがあり自宅に作業環境が整っている人であれば、在宅でフリーランスとして働くことが可能でしょう。そんなフリーランスの年収は、仕事の仕方によって大きく変わります。しっかりとしたスキルや実績があれば、仕事に繋がると考える人は少なくありませんが、営業をかけなければ全く仕事がない状態になる可能性もあるのがフリーランスという働き方です。

そのため、IT系のスキルを磨くことはもちろん、それ以外に営業スキルを身につけたり人脈を広げておくことも大切です。どうしても営業が苦手という人の場合は、ウェブサイトを作成しそこで仕事を募集するという方法もあります。在宅のフリーランスとして働く時には、仕事の探し方までしっかりと考えておく方が良いでしょう。

そして、もうひとつ重要になってくるのが1つのクライアントに固執しないことです。安定したペースで仕事のオファーをくれるクライアントであっても、突然仕事が途切れてしまうということは珍しくありません。1つのクライアントのみと仕事をしている場合は、そのクライアントからのオファーが途切れれば収入がなくなってしまいます。複数のクライアントと仕事をしていれば、1つの仕事がなくなったとしても収入が途切れる心配がありません。

ただ、実際にクライアントや仕事を増やす場合、極端に安い仕事は断ることも大切です。仕事の単価を下げると、安い案件ばかり引き受ける状態となる可能性があります。長く働き続けたいのであれば、納得できない単価の仕事は避けておくことがおすすめです。