独立なんてどうでしょう IT系フリーランスについて教えたいこと

ギャップの解消方法はスキルの向上

フリーランスになる前と後では労働の環境が異なるため、ギャップを感じることがあるでしょう。企業に勤めている間はプロジェクトチームを結成して、チームの一員となって作業をこなしていくケースが多いです。チーム内で役割が分担されるので、得意な分野だけに取り組むことができるのが特徴となっています。チームで1つの製品を完成させる作業なので、コミュニケーション能力の高さが求められるでしょう。製品が完成した瞬間にはチームメンバーと喜びを分かち合えるのもメリットです。

対してフリーランスの場合は全ての業務を行う必要があります。エンジニアとしての業務だけでなく、営業や交渉、税金に関する対策なども自分で行わなければならないため、そのギャップに悩みを抱えてしまう人もいるでしょう。

エンジニアとしての業務でも自分の得意なジャンルだけでは収入が安定しない可能性があるので、苦手なジャンルの克服も求められます。営業や交渉に関する悩みはスキルを身に付けることで解消できる可能性が高いです。営業力が高くなれば取引先が増やせますし、交渉術が高くなれば高単価な仕事を請け負えるチャンスも増えるでしょう。

税金に関する対策も自分で勉強すれば出費が少なくて済みますが、どうしても苦手だという場合には税理士のようなプロフェッショナルに仕事を依頼してみるのもオススメです。外部に依頼するのを避けたい場合は税に詳しい人を探して雇うのが良いでしょう。